『被災地支援競輪弥彦競輪開設66周年記念(GIII)レポート』 最終日編

配信日:8月2日
 平成28年熊本地震被災地支援・弥彦競輪開設66周年記念「ふるさとカップ」が7月30日〜8月2日の日程で開催された。6年ぶりとなる弥彦記念を制したのは浅井康太。打鐘で前に出た川村晃司が流したところを2センターから踏み上げてカマシ先行。自在選手としての戦法の幅、そして強さを見せつける逃げ切り優勝だった。また、第9レースに一発勝負で争われた熊本地震災害復興支援レースは、中団をキープした森川大輔がまくって1着。島野浩司がきっちり続き中部ワンツーを決めた。
決勝戦 レース経過
 渡邉晴智とのスタート合戦を制した浅井康太が前で構えて、北野武史−濱口高彰が続く。松浦悠士−渡邉、川村晃司−澤田義和、単騎の諸橋愛、小野大介で周回を重ねる。
 赤板手前からアクションをを起こした川村に合わせて、4番手の松浦が動く。松浦が誘導を降ろし切って出ると、浅井はすんなり下げる。松浦に渡邉、川村が3番手に入り、諸橋、小野で近畿勢を追う。松浦がペースを落とし、川村は2コーナーからじわりと踏み込んで打鐘で主導権。川村に澤田、諸橋、小野まで出切ると、7番手の浅井が巻き返す。川村も合わせるようにペースを上げるが、浅井がスピードの違いで最終ホームで主導権を奪取。北野−濱口の追走、川村は車間が大きく空いた4番手。諸橋は6番手、松浦は一本棒の8番手に置かれて最終バックを通過。松浦がまくり上げるが、前団は遠く不発。4コーナーに入っても川村は車間を詰め切れず、V争いは中部勢。
 直線に入り北野が、渾身の追い込みで逃げる浅井を追い詰めるも1輪差まで。浅井が二の足で後続を振り切り、鮮やかな逃げ切りV。2着に北野。直線強襲の地元の諸橋は、濱口を交わしての3着がやっと。



浅井康太選手
浅井康太選手
 押さえた川村晃司が流したタイミングを浅井康太(写真)は逃さなかった。
 「最近はラインの競走を前走ってる選手がしてくれてたんで。北野さん、濱口さんも競輪祭の権利がかかってるし、ほぼ2分戦。タイミング見て行けたら行きますとは言ってた」
 ホームで川村を叩き切ると、ライン3車できれいに出切る。ラインの全員にチャンスがある仕掛けに出て、最後もしっかりと押し切った。
 「体感は(上がり)12.4ですけどね(笑)。先行できて自在と言えるので。普段やらないことをやって勝ててるので、それも戦法のうちですね。ラインを大切にという気持ちで走ったし、(優勝は)グランプリを狙うのに賞金の上積みになる。周りに稼がせないのも(賞金ランク上位にいる中部勢の)援護になる。これからもお互いいいレースで援護しあえれば」
 今回はぶっつけ本番で新車を投入するなど、次回のオールスターや後半のビッグレースへ向けての準備にも余念がない。そして後半戦は福井記念からサマーナイト、弥彦記念を3連覇と勝負強さも出てきた。
 「自転車はまだまだ(オールスターでも使うかは)自分の気持ちですね。(後半のG1は)33バンクが続くのでしっかり33を走る体を作って、しっかり仕掛ける脚を作っていきたい」
 逃げても強い浅井康太が、ムード最高潮でオールスターを迎える。

 4コーナー番手で記念初優勝へ絶好のチャンスだった北野武史だったが、浅井をとらえることはできなかった。
 「あーエラかった…。(4コーナーから)蛇行せずに獲らせてくれてもえーやないか(苦笑)。絶好の展開になったと思ったのに強えーや、やっぱり。いい夢見させてもらいました」

 川村が叩かれた時点で諸橋愛は6番手に。直線鋭く伸びたが地元記念初優勝には届かなかった。
 「浅井が先行するとは思わなかった。(先行は)川村さんだと思ってました。(浅井が)来たときに反応できなかった。ホームで4番手に切り替えられたら違ったんだろうけどね。そこが自分の勇気の足りなさ。勝負強さも足りなかった。残念です」

 油断したわけではない。しかし、川村晃司にとって浅井の早い仕掛けは予想外だったに違いない。
 「あそこは絶対出させたらいかんとこ。後ろに迷惑をかけました」と言葉少なにレースを振り返った。

 川村が先行ならチャンスは澤田義和にもあるはずだったが「すんなり先行してもブロックしたところを諸橋が来るなと思ってた。(川村が叩かれたが)それでも3着までには入りたかったね。浅井が強かった」とサバサバした表情。そして最後は 「次につながると思う。脚の状態はいいんで」と笑顔で前を向いた。

 先に斬った松浦悠士は川村が駆ければ中団からの勝負に出るはずだったが、後方に置かれて万事休す。
 「川村さんがあんなに踏まないとは思わなかった。(浅井に)スイッチできなかったです。緊張もなくていける感じはあったけど、甘くないですね。読み違えた、悔しい」



ゴール
↑ページTOPへ