『静岡競輪開設63周年記念(GIII)レポート』 2日目編

配信日:2月28日
 静岡競輪開設63周年記念「たちあおい賞争奪戦」は2日目。優秀競走「ちゃっきり賞」をメーンに、二次予選6個レースで準決勝への勝ち上がりを争った。優秀競走は単騎の竹内雄作が豪快にまくって圧勝。3日目は佳境の準決勝3番勝負。決勝進出をかけて熾烈な戦いが繰り広げられる。
 明日3日目も場内ではガールズケイリンの奈良岡彩子選手のトークショーをはじめ、選手会静岡支部選手のトークショー、演歌歌謡ショーなどイベントは満載。ぜひ静岡競輪場でお楽しみください。
<6R>
菅原晃選手
菅原晃選手
 ここからが二次予選。打鐘で川村晃司を警戒しながら踏み上げた山中秀将を八谷誠賢が突っ張って主導権を握る。中団は山中、川村で併走となり、九州勢のペース。車間を空けて八谷をガードした菅原晃(写真)が直線で鋭く追い込んだ。
 「初日に失敗したので、今日は気合が入りました。八谷さんがすごい頑張ってくれたおかげ。自分は何もしてません。もし誰か来ても絶対に止めようと思ってました」
 九州ライン3番手の池田浩士が2着に流れ込んだ。
 「自分は何もしていない。ただ付いていっただけ。最後も(コースを)空けてもらった。余裕はあったし、楽は楽でしたね。記念の準決勝は3、4年ぶりです」
 八谷誠賢は力強い先行策でラインを上位独占に導いた。
 「セッティングはやっぱり大事ですね。元に戻して感じは良かったです。(菅原)晃のおかげですね。打鐘の2センターで(先行と)決めました。川村君が巻き返してきて、山中君と併走になったのも良かった」

<7R>
根田空史選手
根田空史選手
 新山将史が打鐘で根田空史(写真)を叩くと、内々を潜り込んできた藤井昭吾が前に出る。最終ホームで中近ラインと北日本ラインでもつれて中村敏之輔、島田竜二の2人が落車するアクシデント。冷静に落車を避けた根田がバックから一気にまくり上げて前団を飲み込んだ。
 「突っ張ろうと思ったけど、一瞬タイミングがずれてしまった。最終ホームで仕掛けようかと思ったけど、落車があって…。危なかったですね。そのせいで前と車間が空きすぎてきつかったです」
 根田マークの内藤秀久が懸命に続いて2着を確保した。
 「最初は根田が突っ張るかと思った。最終ホームのところは根田の後輪しか見てなかったので本当に乗り上げなくて良かったです」
 新山に番手に入られた藤井昭吾だったが、強じんな踏み直しで3着に粘り込んだ。
 「(打鐘前のところで)内が空いたので潜り込もうと。中団までかと思ったけど、そのまま先頭まで行けてしまいましたね。もっと綺麗にラインで先行できれば良かったんですけどね。でも初の記念準決に上がれてうれしいです」

<8R>
渡邉雄太選手
渡邉雄太選手
 渡邉雄太(写真)が圧巻の走りで連勝を飾った。レースは先に前に出た久米康平を渡邉が打鐘で叩きレースを支配。後方からカマした天田裕輝を不発に追い込むと、最後まで力強い走りで押し切った。
 「昨日言われたので、打鐘でしっかり叩きました。内容は満足だし、脚は昨日より良いです。調子も良かったと思います」
 望月永悟は、天田へのけん制で渡邊と口が空くも、再度付け直して2着を確保した。
 「もっていくタイミングがズレてしまって、苦しくなってしまった。最後は何とか頑張って(2着)。渡邉君はやるべきことをやっているから、強いですね。恵まれました」
 目標の天田が不発に終わるも、その後ろから磯田旭が差し脚を伸ばし3着に入る。
 「天田さんが止まったと思ったんで、我慢した分伸びなかった。渡邉君は抜けなかったですね」

<9R>
南修二選手
南修二選手
 後攻めの横山尚則が早めに飛び出して先行態勢に入るが、佐川翔吾が打鐘前から一気のスパート。横山を強引に叩いて主導権を奪う。番手絶好となった南修二(写真)が直線で鋭く追い込み、久々の勝ち星を挙げた。
 「3コーナーで来る気配はなかったし、大丈夫かなって思ったんですけどね。僕にもう少し余裕があれば佐川を残せていたと思う。へたくそでした。状態は大丈夫です」
 4番手で態勢を立て直した横山尚則が最終2センターから外を懸命に踏み込んで2着に入った。
 「打鐘で出させるつもりはなかったし、全開で踏んでいたけど、佐川さんに叩かれてしまって何もさせてもらえなかった。バックで行きたかったんですが、車を外に持ち出しても全然伸びなかったです。せっかく後ろに付いてもらったのに情けないです」
 中近ラインの3番手を回った八日市屋浩之がしぶとく3着に食い込んだ。
 「佐川の頑張りと、南も最後に抜きにいってくれたおかげ。駆け出しも付いていけたので感じはいいですね。3コーナーで内を空けないように。そこだけ注意してました」

<10R>
神山雄一郎選手
神山雄一郎選手
 打鐘過ぎに真船圭一郎が長島大介を叩いて先行態勢へ。最終2コーナーで中団から仕掛けた長島が厳しいと判断した神山雄一郎(写真)はすかさず内に斬り込むと、最後は鋭いキメ脚を発揮した。
 「やっと今年初勝利。こんなに1着が取れないとは思わなかった。いつも他の人に持っていかれてしまうんですよね(笑)。今日は大介と一緒に勝ち上がりたかったけど、バックで大外へ行ったので付いていったら内をすくわれるかと思い、自分は内へいった」
 最終4コーナーで絶好のハコ展開だった小野大介だが、神山に交わされて2着。
 「真船君のおかげですよ。昨日はメンバーも凄くてきつかったけど、今日は余裕を持って走れました。伸びも悪くないし、前回悔しかった分も今回は頑張りたい」
 後方に置かれた吉本卓仁が大外をまくり追い込んで3着に食い込んだ。
 「外を回った時にみんなが内へ行って(自分は)終わっちゃったと思ったけど、ツキがありますね。展開は思っていたのと違ったけど、車の出は良い。昨日よりも今日は踏めたので、明日はもっと良くなると思いますよ」

<11R>
谷口遼平選手
谷口遼平選手
 初手で4番手の山本直、6番手の谷口遼平が後ろの菅原裕太を警戒して動き出しが遅れる。すると、前受けの山崎芳仁が打鐘で誘導を降ろして先行策に出る。山本が叩きにいくが、山崎は突っ張り出させない。これで展開が向いたのは谷口遼平(写真)。後方からタイミングよく仕掛けると、軽快なスピードで前団をひとまくりした。
 「菅原さんに合わせて出ていこうと思ったけど、あそこまでいったら山崎さんも突っ張りますよね。その後は、このタイミングしかないってところで仕掛けられました。展開が向いた感じです。感触も悪くない。でも、結果は良いけど、積極性がないですね」
 逃げた山崎芳仁は強じんな粘りを発揮して2着。谷口に敗れたとはいえ、S班の貫禄を見せ付けた。
 「(別線が)来るのが遅かったですね。あれしかなかったです。勇気は持てたかな。最近は人の後ろだったので、力を出し切れて良かった。でも、やっぱり1着は取りたかったですね」
 山崎マークの佐藤康紀は、山本にからまれるも番手を死守。そのまま続いて3着を確保した。
 「先行はびっくりしました。でも、別線がこなさすぎですね。脚質も違うし、踏みっぱなしだったんで余裕はなかったです」

<12R>
竹内雄作選手
竹内雄作選手
 優秀競走「ちゃっきり賞」は郡司浩平が赤板からハイペースで駆ける。それでもホーム前から村上義弘が強引に巻き返す。片寄雄己が合わせて番手まくりを敢行。もつれた前団を単騎の竹内雄作(写真)が豪快にまくって圧勝した。
 「落ち着いて走れました。村上さんが行ってくれたんで、追う形になりました。自分で行こうと思っていたんですけど、そう考えたときには村上さんが行ってました。ああいうところはすごいし、勉強になります。自分でレースを作れていないし、先行できてないんで状態は何とも言えないですね。準決勝は後手だけは踏まずに、持ち味を出せるように頑張ります」
 前受けから下げた早坂秀悟は後方の8番手。竹内のまくりを懸命に追いかける形で踏み続け2着に入った。
 「中団で粘れれば良かったけど、一番後ろまで下がってしまった。竹内のまくりをずっと追いかける感じでしたね。竹内がいかなければ自分で行くつもりでした。竹内のスピードがすごかったです」
 4車で結束した南関勢。番手まくりの片寄雄己は直線で末を欠いて4着に敗れた。
 「ちょっと次元が違いましたね。でも竹内君はサラ脚だったから。すごいしんどかった。1周半ぐらいずっと踏んで4着に粘れているし、脚は仕上がっていると思います」
↑ページTOPへ