『高松競輪開設65周年記念(GIII)レポート』 2日目編

配信日:1月31日
 高松競輪開設65周年記念「玉藻杯争覇戦」は2日目。今日は優秀の「チータカカップ」をメーンに二次予選6個レースで準決勝進出が争われた。「チータカカップ」は深谷知広、小松崎大地で意地のぶつかり合いに。深谷が小松崎を力でねじ伏せると、番手の浅井康太が抜け出しシリーズの連勝を飾った。
 3日目も馬場圭一の「当たりすぎて!"ごめんなさいね"予想会」が、3R発売中には井上薫、山口幸二、4R発売中には井上茂徳、山口幸二をスペシャルゲストに招いて行われます。日本競輪選手会香川支部presentsキックバイク体験会、スピードチャレンジ、グッズ販売(10:00〜16:00)など様々なイベントが予定されていますので、ぜひ高松競輪場で迫力あるレースをお楽しみください。
<6R>
小埜正義選手
小埜正義選手
 赤板ホームで川口聖二が動くと、内に差し込んで巻き返しが遅れた山本直は7番手に。そのまま川口が主導権を握ると、すんなり3番手を確保していた小埜正義(写真)が2コーナーまくりを決めた。
 「打鐘で叩こうかと思ったけど、後ろが濱口(高彰)さんだし、川口も逃げると思った。前々に踏もうと思ってたからよかったです」
 水書義弘が食い下がり、千葉ワンツーが決まった。
 「よかった。(川口が)けっこうかかってたから小埜の出が悪かったけど心配無用でしたね。強かった。素晴らしい。僕の調子もいいです」
 千葉コンビのまくりに続いた屋良朝春が3着で準決勝進出を決めた。
 「山本が行ったらモガき合いになると思ってまくりに構えてたけど行かなかったので。やっとようやく(調子が戻って来た)ですね。まだ7割ぐらいで、先行はできないけど」

<7R>
原誠宏選手
原誠宏選手
 戸田康平がホームガマシを狙った石井秀治を合わせ切って主導権奪取。戸田を好リードした番手の原誠宏(写真)が、絶好の展開をモノにして白星をつかんだ。
 「戸田君が強かったです。落ち着いて駆けてくれました。僕自身もここへ向けてしっかり練習していたし、その成果が出ている。準決勝でもなんとか3着以内に入って決勝に進みたい」
 戸田に仕掛けを合わされた石井秀治は、終始、外に浮く苦しい展開。それでも粘り強く踏み続けて、意地で連対を確保した。
 「ホームの向かい風がキツくて…。若い子はダッシュがあるから出切れなかった。でも前がタレてくると思ったし、外で我慢してました。なんとか凌いだって感じですね。正直疲れはあるけど、明日にはつながるレースだったと思います」
 レースを支配した戸田康平は懸命に粘って3着。記念初の準決進出を地元で成し遂げた。
 「(準決進出は)目標にしていたのでよかったです。緩む所がなくてキツかったけど、連日先行で残れているし仕上がりも良い感じ。やっぱり新車もいいですね」

<8R>
大西祐選手
大西祐選手
 久米康平が前受けの坂本貴史を押さえた上を打鐘2センターで齋藤宗徳が叩いて主導権。久米は4番手、4コーナーで坂本の内をしゃくった大西祐(写真)が6番手、坂本は8番手に置かれる。最終2コーナーから久米が仕掛けるが、さらにその上を大西がまくっていく。大西は力強く前団をまくり切り連勝で準決勝へ。
 「久しぶりに気持ちいいレースができました。今日は100点満点です。勝負どころで内が空くと香川さんから言われてたし、言った通りになった。どこからでも行けるなと思ったし、僕だけサラ脚でいけた。それにすんなり6番手も取れたんで。後ろも香川さんが見えてたし、ワンツーいけるなと。とりあえず、とりあえずよかったです」
 地元ワンツーを決めた香川雄介だがレース後は、「えらい、無茶苦茶えらい」と讃岐弁できつい、苦しいという言葉を何度も繰り返した。
 「大西が強かったですね。勢いよく行ってましたね。踏み出しに空いたし2、3歩目もすごかった。それで飲み込んでいったしね。無茶苦茶えらかったけど、なんとかワンツーでよかった」
 坂本貴史は8番手まくりで3着にも反省を口にした。
 「組み立てが中途半端になってしまった。あれで3着に届いてるし、調子はいいと思うんで。もう少し工夫をしてればと、大槻(寛徳)さんにも言われました。しっかりと反省して明日以降に臨みます」
 4番手から先まくりの久米康平だが、5着で準決勝進出はならなかった。
 「力で大西さんに上を行かれたんで、完全に力負けです。それでも行くところで行けたし、動いての結果なんで。明日以降に繋がる負けだと思います」

<9R>
山田久徳選手
山田久徳選手
 清水裕友の上昇に合わせて中団から動いた山田久徳(写真)がきっちりと中団を確保。2コーナーからまくり上げると、南修二の追撃を振り切って快勝した。
 「今日は清水君が8割、9割先行するだろうし、田中さんが前を取ってくれたのもよかった。でも、展開が楽すぎて緊張しました(笑)。1着は今年初めてだし、すごく嬉しい。しっかり自分で動けてるし、ラインで決まってるので。昨日も距離は長かったけど、しっかり踏めてるんで。(落車が続いたが)思ってるより大丈夫ですね」
 差せず2着の南修二だが、感覚は悪くなさそうだ。
 「今日は久徳に任せてたんで。(山田が外を踏んだが)番手が小岩(大介)なんで、あれぐらいかなとは思ってた。僕の感じはまあまあですね。前回よりはいいと思う。抜けなかったけど、自分の感覚としては前回よりいいです」
 木本賢二は破顔一笑。しっかりと3番手で続いて、久々の記念準決勝へ進出した。
 「付いて行けたらチャンスあるなと思ってたし、よかったです。今年のフレーム規制から新しい自転車にしたけどよく進む。準決勝は覚えてないぐらい久しぶり。めちゃめちゃ嬉しいです」

<10R>
岩本俊介選手
岩本俊介選手
 後ろ攻めの岩本俊介が早くから上昇しレースを動かすと、正攻法の掛水泰範は誘導を残して車を下げ、坂本亮馬と中団を取り合う。岩本は後ろの様子を見ながら打鐘で先行態勢に入ると、松山桂輔の巻き返しを合わせ切り別線を圧倒。最後は林雄一がきっちり差し切って南関ワンツー決着。林にとってはこれが記念すべき通算200勝目となった。
 「番手すんなりの展開なんて久々。21走ぶりかな(笑)。よかったです。岩本君が頑張ってくれました。藤田(和彦)さんと決められなかったのは残念ですけど。僕自身もしっかり練習してきたので仕上がっていると思います」
 岩本俊介(写真)は打鐘先行で格上の機動力を見せ付けた。
 「(相手の仕掛けが)遅いくらいだったので。しっかり脚も回せていたと思います。ただ藤田さんに迷惑かけてしまったので…。それは反省点です」
 松山に千切れた有賀高士だったが、林後位へ切り替えて立て直し3着に流れ込んだ。
 「結果は良かったけどレース内容は反省点だけ。離れてしまっては…。付いていかないとレースにならないですし、前にも迷惑かけてしまう。もっとダッシュを強化しないと」

<11R>
原田研太朗選手
原田研太朗選手
 打鐘で主導権を握った藤井栄二が逃げていくなか、5番手の佐藤朋也が最終ホームから仕掛ける。7番手に引いていた原田研太朗(写真)だが、佐藤の仕掛けに乗る形で2コーナーからまくっていくとバックで前団をまとめてとらえる。最後は池田憲昭の追撃も振り切り1着。
 「昨日は長い距離踏んでいこうと。地元の香川(雄介)さんも付いていたので初日はあの展開しかないと。今日は自分もチャレンジャーやけど、挑戦を受ける立場でもあると思ってました。直線でラインで出切れるレースをしようと。バックを取るイメージで仕掛けました。ちょっと出遅れたけど、佐藤(朋也)さんが行ってくれて楽になりました。米澤(大輔)さんにも厳しいこと言われたし、明日からまた心入れ替えていきます」
 池田憲昭は原田を交わせずも2着で四国ワンツー。地元勢は5名が準決勝進出を決めた。
 「余裕はありました。原田も上手く駆けてくれましたね。(最終2センターで)後ろを見る予定はなかったけど、立花(成泰)さんが離れてたら内をしゃくられるかもと思って。それで最後は抜けなかったです。今日は本当に練習みたいな感じでいけました。(地元が4名勝ち上がっていて)ちょっとプレッシャーもありました」
 立花成泰が3着に流れ込んで中四国で確定板を独占した。
 「いっぱいでした。でもこのクラスならいらんこと考えんとただ付いて行くだけなんで。今日に限っては付いて行っただけです。あれだけ集中して空くんやから原田は強いね。今日は前さまさまです」
 果敢に先行した藤井栄二だが7着に沈んでしまった。
 「力の差を感じました、完全に力不足でしたね。展開的には先行争いもせず、楽に先行させてもらってるのに、それでまくられてるんで。もう少し粘れるようにしたいですね」

<12R>
浅井康太選手
浅井康太選手
 赤板で上昇した小松崎大地に対して、深谷知広はサッと6番手に車を下げる。この動きを見て3番手から先に動いた村上義弘を打鐘で小松崎が叩いて先行。十文字貴信が離れ、番手には村上が収まる。ライン4車の深谷もすかさず巻き返し、粘る小松崎を2コーナー過ぎにとらえると番手の浅井康太(写真)が直線抜け出した。
 「笠松(信幸)さんもいて愛知のとこ(番手)を回してもらったし、後ろもしっかり連れていかないといけないと思った。抜きすぎましたかね。9番(山田英明)も見えたし、深谷もまくりだから残るかなと思った。でもすごいいいレースでしたね。深谷もすごいいいレースをしてくれた」
 2着の志智俊夫は「千切れたら迷惑かかるんで。流れにはなってますね」と深谷、浅井の仕掛けにしっかりと続いたレースを振り返る。
 山田の仕掛けに乗った阿竹智史が大外を伸びて3着に突っ込んだ。
 「スピードがよかったですね。気持ちよかった。直線だけ踏んだ感じだけど伸びましたね。自転車がいいです」
 小松崎との力勝負は制した深谷知広だったが、「打鐘で行ければもう少し楽に走れたかな。小松崎さんを越えられたのはよかったけど、余裕はなかったです」。最後は末を欠き5着に敗れた。
↑ページTOPへ