第55回高松宮記念杯競輪 決勝戦 共同インタビュー
 
配信日:6月7日
 

11R 決勝戦 (発走予定:16:30)


【1】村上義弘(京都・73期)
【2】小野俊之(大分・77期)
【3】佐藤慎太郎(福島・78期)
今日はインで粘られるとは思ってなくて、仕掛けが遅くなって岡部さんの捲りごろになってしまった。内林さんに申し訳ないことしました。明日は松本さんが今まで苦しんでた分、力を出し切れるようなレースにしたい。二人でワン・ツー決めたいです。100%の仕上がりです。
初日の体調はイマイチだったけど日に日に調子は上がってます。キレの方は納得してないけど、明日は集中力を上げていきます。明日は京都の3番手から。作戦は考えてません。レースの中でできることをしたいです。
3走終わって恵まれたカンジです。今日は1着かなぁと思ったけど、岡部さんの踏み直しがきつかったです。(明日は優勝を狙うか?との質問に)そういうコメントして新聞に載ると岡部さんの仕掛けが遅くなりそうなんで・・・(笑)。今の岡部さんのデキでは差せないので明日も2着ぐらいの気持ちでいきたいです!(会見場爆笑)福島3人で上位を決めたいですね。
【4】山口冨生(岐阜・68期)
【5】松本整(京都・45期)
【6】金古将人(福島・67期)
今日は吉田君がよかった。宇都宮GIIIから調子が上がってます。前走で失格・落車して不安だったけど心配することはなかったですね。明日は吉田君に任せて展開次第では突っ込んでいく。頑張ります。
前回の静岡ダービーでも初日にレーサーシューズを替えたんやけど、今回も3日目に替えました。今までより身体が軽くて順調に仕上がった。決勝に残ることが目標やったし、明日は村上君と走れるんで、いいレースにしたいです。体調は日々良くなってます。
初日に(3.64に)ギアを上げたんですけど、2日目から(3.62に)落としてスピードが出てます。100%ではないですけどレースが見えているしタイムも出てるし・・・。明日は福島の3番手から。岡部さんがうまく仕掛けられればチャンスがないとは言えない。
【7】吉田敏洋 (愛知・85期)
【8】岡部芳幸(福島・66期)
【9】小川圭二(徳島・68期)
前走の四日市GIIIからギアを上げて成績が出てます。2日間走って疲れがなかったし、今日が一番いい結果になった。(初めてのGT決勝ですね?との問いかけに)競走が終わった直後はそれほどでもなかったんですけど、だんだん実感が湧いてきました。明日は村上さんがいるので、胸を借りるつもりで先行一本です!
初日の反省を踏まえて軌道修正しました。ついて来てくれる人がいれば頑張れます。(明日は)最初からマクリ狙いだとうまくいかないことが多いんで、積極的に攻めたいと思います。吉田君、村上君を相手にするので無心でいきます。
3日間は楽して外をまわってええとこにきた。でも、すんなり回ったら弱いってことかなぁ。(笑)明日は中部の3番手から優勝を狙っていきたい。500バンクやし焦らずデンと構えていきます。
 
COPYRIGHT(C) JAPAN KEIRIN ASSOCIATION, All Rights Reserved.