小倉ミッドナイト競輪S級戦初日レポート
 
配信日:7月9日


 異次元の競輪が繰り広げられましたね。さすがS級戦は、迫力満点。
 また7車だから面白いのもありますし、4周だから展開が早い!
 選手たちも仕掛けどころを迷えないというのもあります。
 本日の夜も是非、S級ミッドナイト競輪をお楽しみください!


<1R>
桑原大志選手
桑原大志選手
   桑原大志(写真)
「吉永(好宏)さんがあれだけ頑張ってくれたおかげですね。すごく嬉しかったので、そのおかげです。自分はよく9番手とかになるから、7番手なら行けるかなと思っていました。今日は吉永さんのおかげ、それにつきます」
 逃げた上野真吾は2着。
「誘導員のスピードが上がっていた、脚を使いました。それで脚がいっぱいになりました」


<2R>
中村美千隆選手
中村美千隆選手
   捲り切って1着の中村美千隆(写真)
「柴田君に合わされるかと思ったが、誘導員追うので脚がいっぱいになっただろうし、捲れました」
 中村マークの前田拓也が2着。
「スタート取って、4周だし、脚がたまる前に動きましたね。でも、それは自分の仕事ですからね。僕から売れていたと思うし、それが申し訳なかったですね」
 逃げた柴田洋輔
「前を取りたかったんですけど、前田さんが1番車だったし、車番が全てです」


<3R>
守澤太志選手
守澤太志選手
   逃げ切り1着の守澤太志(写真)
「今日は展開が良かったですね。中団だったし、好きなところから仕掛けられました。小倉は初めてだったんですけど、軽くていいですね」
 前を取って、番手に粘った園田鉄兵
「守澤君に出切られたんで、すぐにイン粘りで、すぐに追いつきました」
 3着の牧剛央
「判断が悪かったですね。すかさず外にいくべきでした。でも鉄兵も頑張ってくれたし、僕にもチャンスはありました」


<4R>
小川祐司選手
小川祐司選手
   捲った小川祐司(写真)が1着。
「中団を取れたし、普通に先行しようと思ったんですけど、坂上さんが内に行くか、追い上げるかした時に行こうと思っていました。坂上さんも僕のカマしを期待していたのかもしれないけど。前のレースで同期が1着だったし、ちょっと1着を意識し過ぎちゃいましたね」
 小川の3番手から追い込めず3着の坂上忠克
「やられました〜。行くと思ったんですけど、しっかりしていましたね」


<5R>
坂本貴史選手
坂本貴史選手
   逃げ切って1着の坂本貴史(写真)
「展開に恵まれました。夜に目が覚めるように、ちゃんと寝て、今日に備えたので、体調はいいです。明日は守澤(太志)さんと一緒にワンツーを決められるように頑張ります!」
 捲りにいくも、坂本に合わされてしまった吉川浩士
「緩んだから行こうと思ったけど、きっちり坂本君に見られてました。やっぱりS級で優勝するような選手は違うな。一瞬、夢を見たんだけどな(苦笑)」


<6R>
柴崎淳選手
柴崎淳選手
   最終2コーナーから捲った柴崎淳(写真)が1着。
「自分の得意の捲りが出ているし、調子は悪くないと思います。レース前は小林(潤二)さんにずっと眠い、眠い言っていたんですけど、レースになればね(笑)。ミッドナイトS級戦の初代チャンピオンになれるように、決勝も頑張ります」
 柴崎マークの上田裕和
「すっごい加速!! 走っていて目が覚めた(笑)。最後は山根(義弘)さんに交わされないようにだけ気をつけていました」
 先行した長井優斗
「柴崎さんのスピードが違いましたね。もう腹も立たないくらい、すごいスピードでした」と子供のように目を輝かせて言った。


<7R>
松岡健介選手
松岡健介選手
   最終ホームからカマし気味に先行した松岡健介(写真)
「井出(健)さんに、競り来られたら打鐘からでも行かなきゃと思っていました。やっぱりちょっと眠いです(笑)」
 松岡マークの中澤孝之
「恵まれましたね。健介が気を使って行ってくれたおかげですね。ギアを上げれば前がスピードを上げてくれればついていて楽だし、上げたのは競り負けても伸びていけるかなと思ったので。でも、ずっと57とかのギアで走っていたんで、この年でギアを上げていくのは苦しいですね(苦笑)」
 跳びつき切れなかった海野敦男
「最初から競ったら松岡行かないだろうし、この速いペースで直に競りにいくのはきついなって思ったんですよね。でも、内林(久徳)さんが『この選手はガンガン競る選手』って言ってくれたのに、ちょっと情けなかったですね」

↑ページTOPへ

 
COPYRIGHT(C) JKA, All Rights Reserved