レース展望
全日本選抜競輪とは
ファンサービス
テレビ放送予定
参考データ
優勝者の横顔


氏 名 佐藤 友和
フリガナ サトウ トモカズ
期 別 88期
府 県 岩手県
登 録 平成15年5月1日 
生年月日 昭和58年2月13日
血液型 O型
身 長 168cm
体 重 75kg


 3コーナーで出切るまでに全力を使い切ったんで、そこからは惰性で行こうと思ったんで安心感は全くなかったんですけど、ゴールを抜けたときにやっと安心しましたね。今回、調子が良かったってのもあったんですが、正直、難しいメンバー構成になってしまい、それでも成田さんか僕が優勝できたら1番良いなと思ってたんですけど、正直難しいなと話をしていたから、結果優勝できたんですごい嬉しかったです。
 (決勝戦は)前に出て、前々勝負。もしも、早めに(神山)拓弥君が行くんであれば、後ろに引いてカマす予定で。カマすか突っ張るか、それだけでした。(粘ったのは)案外(神山拓が)遅めの押さえ先行だったんで。あとは村上さんが外を上がってくるのが遅かったんで、そうなればあそこをこじ開けて出ようかと思ってました。拓也君が流す展開になってしまい予想外でしたけども、武田さんを最初は迎え入れようとしてたけど、武田さんは前に踏んで行ったんで、あとはもうしょうがないなと思いながら、中村さんが「3番手に入れ」って言葉で入れてもらい、そこからはすかさず(まくっていった)でしたけど。調子が良かったんで、踏み出したときには前に行けるって自信がありましたね。(これまで)落車の影響もありましたし、自分の気持ちの問題もありましたし、ちょっと弱気な気持ちになっていた2年間だったと思うんで、それがまた今年になって強気な姿勢に戻して、半年で何とか戻った感じはします。昨年、武雄記念を獲ったあたりで体調は問題ないなって自覚をして、1月から長いスパンで計画を立てて、5月にはメドがついたんで、全日本の決勝で3着に乗るっていうイメージでいました。一昨年の落車の影響があり、それから4回くらい転んでしまったんで、微妙な調整などで時間がかかってしまいましたね。2年前の落車する前は調子が良かった訳ですから、まずその2年前の状態に戻すことが大事だと思ってたんで、ある程度練習を変えずに同じメニューをこなして同じタイムが出るようになってから。で、今はそのタイムが出るようになったんで、ホントここ1,2カ月ですね。徐々に変えていこうかなと思うようになったのは。まだ変わっていないですけど。(グランプリまで)まだ半年あるんで、この半年間でまだG1タイトルが2つありますし、G2も残ってるんで、欲張ってそれも獲っていきたいですね。(次のオールスターは)福島が地元って言う方もいますけど、僕も地元地区なんで、福島だからって遠慮せずに自分が勝つ競走でいきたいと思います。(この優勝を)長い間面倒を見てくれている師匠(佐藤幸博)に報告したいですね。
これまでの成績
競輪学校在校時成績(出走回数:81)
1着 2着 3着 着外 在校順位 卒業記念レース成績
20 7 8 46 22 6・2・5・1

200Mタイム 400Mタイム 1000Mタイム 最高速度 ダッシュ力 持続時間 回転力
11秒18 22秒96 1分09秒14 64.5km/h 7.57秒 11.90秒 -

  年月日 競輪場 成績
デビュー 平成15年7月6日 千葉競輪場 1・4・3
初勝利 平成15年7月6日 千葉競輪場 1・4・3
初優勝 平成15年12月14日 小田原競輪場 1・1・(1)
成績
  出走数 1着 2着 3着 着外 棄権 失格 取得賞金 取得賞金
順位
デビュー〜
昨年12月
521 165 86 57 205 6 2 \295,924,711 -
昨年 73 17 7 12 35 1 1 \47,268,500 20位
本年 51 18 5 6 21 1 0 \54,727,300  
通算 572 183 91 63 226 7 2 \350,652,011 -
GP・GI 過去1年成績
競輪名称 開催初日 競輪場 成績
第52回 オールスター競輪 平成21年9月19日 松山 (6)・7・1・1
第51回 朝日新聞杯競輪祭 平成21年11月20日 小倉 (6)・1・5・1
第63回 日本選手権競輪 平成22年3月2日 松戸 (3)・(8)・5・7
第61回 高松宮記念杯競輪 平成22年6月3日 大津 2・8・3・1
第19回 寛仁親王牌 平成22年7月1日 前橋 (3)・1・4・4
第26回 読売杯全日本選抜 平成22年8月5日 宇都宮 (2)・(7)・1・(1)
特別競輪等優勝歴
第6回東西王座戦(東王座決勝戦) (H19.2 宇都宮)
第7回東西王座戦(東王座決勝戦) (H20.2 別府)
第21回共同通信社杯競輪(中野カップレース) (H20.10 久留米)
第26回読売新聞社杯全日本選抜 (H22.8 宇都宮)