優勝者の横顔

氏 名 小野 俊之
フリガナ オノ トシユキ
期 別 77期
府 県 大分県
登 録 平成8年3月5日
生年月日 昭和51年4月21日
血液型 A型
身 長 175cm
体 重 84kg

優勝者コメント

 「ラッキーですね。100%の自信はありましたけど、勝つか負けるかは勝負だから、そればっかりは終わってみないと分からないこと。ただ優勝する自信が走る前からあったし、スルスルとビクトリーロードが開いたし、(松岡)貴久の頑張りに尽きます。獅子が自分の力を知ったんでしょうね。(2コーナーは)ちょっと危なかったです。自分も内にそのまま降りて、真ん中に入った形だったので、とりあえずあそこで引っかかったら自分だけでなく貴久も落車してしまうパターンだし、それだけは避けようと。自分も斜めになりながらも真っ直ぐ走って立て直して、あとは貴久がいってくれると思ったし、バックを踏むときつくなるので軽くバックを踏みながら、うしろに巧くスイッチできれば良いなと思いました。
(4コーナーからは)無我夢中でした。そこまで余裕は無くて、そこからは本能の赴くままにと。浅井(康太)を抜いたら優勝というのは分かったので、とりあえず踏もうと思ったんですけど、思いの外、久々だったのでちょっと状態が前に入りすぎて、交わせないかなと思いながらも、(小倉)竜二のマネをして思い切りハンドルを投げました。
(ゴールは)たぶん抜いたと思って、ヤッター!と声を出してしまって。でも優勝だったら合志(正臣)とか後輩が敢闘門に来てくれると思っていたら来ていなかったので、『アレ?やっちゃったかな』と(笑)。お客さんも優勝だと言ってくれたけど微妙だったので(回ってきた時は)手を挙げませんでした。確定が出るまで分からなかったですね。(優勝が決まった時は)嬉しかったです。運が良いですし、競輪は天職なので、自分が出来るマーク、追い込みという戦法で、自分がすべきことも分かっているし、それを全うしようと思います。『九州は先行屋がもっと育ったらなぁ』とかよく言われるんですけど、本当に個々の能力はすごい高いし、誰とかではなく、自分が付いた時は若手は真剣に頑張ってくれるし、それに応えるべく自分もしっかりしないといけないですし。自分がしっかりしないと若手も来ないし、それをここ何年かで分かったので自分がまず頑張ろうと思っていました。
(賞金ランキングが9位まで上がって)来年は必ずGIを獲ると思っていたんですけど、早い段階でGIIを優勝することが出来たので、地元の競輪祭もありますし、(9人の)SS班も来年から始まるし、そこに入りたいというのもあるので、もう頭は競輪祭の優勝しか考えていないです。自分が自分で走り出した結果なので自信があります。気持ちよく自転車にまたがって、自転車と自分が一心同体になった感じですね。今まではすごいストレスがたまっていました。自分の場合は両親と先祖に感謝しないといけないくらいケガをしないのに、やらなかったのだから自分がたるんでいただけでした。また男になりたいし、(頂点に)もう一回いかないとね。まずはもう一回いって、その後はそこから考えます」

第27回共同通信社杯秋本番(GII)レースダイジェスト

 周回は、武田豊樹‐飯嶋則之‐岡田征陽、友定祐己‐岡部芳幸、松岡貴久‐小野俊之、深谷知広‐浅井康太。残り2周前で、深谷が上昇開始。前を取っていた武田を抑えようとしたが、打鐘で武田は突っ張って先行。深谷もアウトから前に出ようとしたが、打鐘過ぎ4コーナーで飯嶋に牽制され後退。しかし、まだ踏み辞めず再度最終1センターで踏み込み前へ。その後ろにいた浅井は、最終バック過ぎ、内飯嶋、外深谷の間をこじ開け、捲り追い込みにでた。その空いた所に、松岡‐小野が突っ込んできて小野が中バンクを伸び、浅井とゴール勝負。絶妙なハンドル投げで小野が優勝を飾った。2着は浅井、3着は松岡。

これまでの成績
競輪学校在校時成績(出走回数:89)
1着 2着 3着 着外 在校順位 卒業記念レース成績
30 28 11 20 4 2・1・1・1・(失)

200Mタイム 400Mタイム 1000Mタイム 最高速度 ダッシュ力 持続時間 回転力
11秒08 22秒94 1分07秒97 66.5km/h 8.27秒 17.49秒 1.65R/S

  年月日 競輪場 成績
デビュー 平成8年4月18日 別府 2・1・(1)
初勝利 平成8年4月19日 別府 2・1・(1)
初優勝 平成8年4月20日 別府 2・1・(1)
成績
  出走数 1着 2着 3着 着外 棄権 失格 獲得賞金 獲得賞金
順位
デビュー〜
昨年12月
1264 321 245 146 518 16 21 \820,437,555
昨年 86 14 21 13 36 1 1 \29,789,100 54位
本年 75 17 17 3 36 0 2 \46,767,500  
通算 1339 338 262 149 554 16 23 \867,205,055
GP・GI 過去1年成績
競輪名称 開催初日 競輪場 成績
第52回 朝日新聞杯競輪祭 平成22年12月2日 小倉 2・3・4・9
第64回 日本選手権競輪 平成23年3月1日 名古屋 3・8・1・ 5
第62回 高松宮記念杯競輪 平成23年6月2日 前橋 5・1・4・1
第20回 寛仁親王牌 平成23年6月30日 弥彦 (4)・6・2・3
第27回 読売杯全日本選抜 平成23年8月4日 岸和田 2・4・4・6
第54回 オールスター競輪 平成23年8月31日 岐阜 1・4・5・失
特別競輪等優勝歴
ルーキーチャンピオン                      (H8.12.29 立川)
第1回東西王座戦(西王座戦)               (H14.2.10 高松)
KEIRINグランプリ04                        (H16.12.30 立川)
全プロ記念                            (H18.5.14 松山)
東日本大震災被災地支援 第27回共同通信社杯秋本番 (H23.10.10 松阪)
ページTOPへ▲