優勝者の横顔

氏 名 新田 祐大
フリガナ ニッタ ユウダイ
期 別 90期
府 県 福島県
登 録 平成17年5月1日
生年月日 昭和61年1月25日
血液型 O型
身 長 172cm
体 重 86kg

優勝者コメント

 本当に理想どおりと言いますか、スタートを取れて、そこからの組み立て方、周りの動きっていうのも本当に成田(和也)さんと作戦を組んだとおりになったので、自分の力を出せるタイミングを取れたのも勝利につながったと思ってます。優勝っていうのを心に置きながら走ったんですけど、それよりも一番は成田さんとワンツーを決めること、それが一番の目標として走っていたので、ゴール前、もう本当に精いっぱい走りすぎちゃって、ふくらみながらゴールしちゃいました。本当に成田さんが後ろに見えたのはうれしかったです。本当に成田さんが強いのは分かっているので、お前の好きなように走れって言ってくれましたし、お前を信じてるって言ってくれたんで、僕も自信を持って仕掛けるタイミングを取ることができましたし、仕掛けることができたと思います。(2013年岸和田高松宮記念杯の決勝で成田と)あのワンツー、というかスリーも伏見(俊昭)さんで、ワンツースリーだったんですけど、あの時の思いっていうのが、まずは成田さんの優勝のうれしさと、あとは僕も頑張れた、力がついてきたなっていう自信と、あとは目の前で優勝を見て、僕もああいう風にタイトルを獲りたいって思ったのが、そののちのダービーやオールスターの優勝につながっているんで、本当にこの高松宮記念杯っていうのは僕のなかで特別な思いがあるのかもしれませんね。(高松宮記念杯)連覇っていう気持ちで走ったというよりは本当にこの大会に入るまで苦しい練習をずっとしていて、決勝になかなかGIでも勝ち上がることができていなかったので、そういう意味でも何としても決勝に乗るっていう強い思いと、勝ち上がったらそこで勝負したいという気持ちがあったのがちゃんとつながったレースになったのかなと思います。僕もいままで自分で言うのも変ですけど、競輪界のトップとして頑張ってきて、競技選手としても頑張ってきて、その競技として一流ではないというのが自分でも自覚していたんですが、一流を育てるコーチが来たので、そのコーチの言ったとおりというか、思惑どおりに練習を進めることが競輪にかなり支障がでるスケジュールになって、それを結果として残すことがナショナルチームの全メンバーに対して勇気を与えられることだと思っているんで、今日の優勝っていうのは本当に競輪界のためでもありますし、本当に世界を目指す競技者の選手たちを育てるという意味でも一緒に戦った仲間たちの勇気をつける意味でも本当にいい大会になったと思います。おそらく僕のなかでは(グランプリ出場は)賞金争いでいく形になっていくだろうな、GIに合わせて調整できてなかったので、勝つことはなかなか難しく、賞金で争いでグランプリ目指すってことになると、年末に向けて競輪の本数が増えるのかなって思っていたんですけど、ナショナルチームのコーチの考え方としてはトレーニングが大事だということで、たぶん競輪の本数がこれからグンと減ると思います。早い段階で年末の(グランプリ出場の)権利を取ることができたので、そこに向けてみっちりトレーニングをすると思うので、スケジュールをもう1回組み直さないといけないと思います。前半戦は結果よしみたいな感じで、今回優勝したからよかったんですけど、一発目の全日本選抜はいい戦いは決勝戦はできましたけど、それ以外はなかなかできてなかったので、歯がゆいなかで戦ってきていて、この高松宮記念杯をきっかけに、今後のG1戦でもしっかり優勝を狙っていけるように、仕上げていきたいと思いますし、一番はグランプリに向けて、去年、自分の不甲斐なさで失格っていう形で応援してくださった人たちに迷惑をかけてしまっているんで、その応援してくださっている人たちがまた応援したいと思えるような選手になれるようになってグランプリに戻ってきたいと思います。

これまでの成績

競輪学校在校時成績(出走回数:74)
1着 2着 3着 着外 在校順位 卒業記念レース成績
2 4 8 60 52 2 4 3 7

200Mタイム 400Mタイム 1000Mタイム 最高速度 ダッシュ力 持続時間 回転力
11秒20 23秒31 1分08秒62 65.90Km/h 7.42秒 16.71秒 2.61R/S

  年月日 競輪場 成績
デビュー 平成17年7月15日 函館競輪場 1 7 棄
初勝利 平成17年7月15日 函館競輪場 1 7 棄
初優勝 平成18年4月14日 京王閣競輪場 5 2 (1)
成績
  出走数 1着 2着 3着 着外 棄権 失格 獲得賞金 獲得賞金
順位
デビュー〜
昨年12月
798 269 130 81 303 10 6 \664,280,300
昨年 78 32 11 10 24 0 1 \123,574,000 2位
本年 26 10 3 3 10 0 0 \54,679,137
通算 824 279 133 84 313 10 6 \718,959,437
GP・GI 過去1年成績
競輪名称 開催初日 競輪場 成績
第59回 オールスター競輪 平成28年8月11日 松戸 (1) (6) 1 (6)
第25回 ェ仁親王牌 平成28年10月7日 前橋 (1) (3) 9 1
第58回 朝日新聞社杯競輪祭 平成28年11月24日 小倉 (1) (3) 1 (8)
KEIRINグランプリ2016 平成28年12月28日 立川 (失)
第32回 読売新聞社杯全日本選抜競輪 平成29年2月16日 取手 (1) (4) 1 (3)
第71回 日本選手権競輪 平成29年5月2日 京王閣 (2) (4) 5 2
第68回 高松宮記念杯競輪 平成29年6月15日 岸和田 (9) 1 3 (1)
特別競輪等優勝歴
SSカップみのり2010
(H22.12 立川)
平成25年度全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪
(H25.5 岸和田)
第30回共同通信社杯
(H26.4 伊東)
第68回日本選手権競輪
(H27.3 京王閣)
第58回オールスター競輪
(H27.9 松戸)
第67回高松宮記念杯競輪
(H28.6 名古屋)
第68回高松宮記念杯競輪
(H29.6 岸和田)