寛仁親王牌とは

概要

 平成2年8月にアジアで初めて開催された「世界選手権自転車競技大会」(トラック競技:グリーンドーム前橋、ロード競技:宇都宮)を記念し、平成2年5月に行われた、『世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース』がルーツ。
 平成4年、「世界選手権自転車競技大会」日本大会の名誉総裁をおつとめになられた寛仁親王殿下(ともひとしんのうでんか)より“寛仁親王牌”が下賜されるとともに、それまでの1日開催から3日間開催のトーナメント戦となったため、『世界選手権記念トーナメント(寛仁親王牌争奪)』と名称を改め実施されたのが第1回である 。

その後、
・平成5年5月(第2回) 4日間開催へ。
・平成6年10月(第3回) 現在の『寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』へと名称変更。
特別競輪へと格上げ(初の4日制特別競輪となる)。
・平成11年7月(第8回) 開催月が10月から7月へ。
・平成13年7月(第10回) グレード制導入に伴い、【GI】として格付け。
という変遷を辿り、現在に至っている。

沿革

1990年(平成2年)
5月14日
「第37回全日本プロフェッショナル選手権自転車競技大会(以下、全プロ)」の翌日に参加選手を中心に、S級45名、A級18名及び外国人選手9名により 1日開催で「1990年世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース(平成2年度前橋市営第6回施設等改善前橋競輪)」を実施。

《参考》 8レース(9車立)、先頭固定競走
・特別選抜競走 (S級選手) 1レース
(スーパープロ・ピストレーサー賞)
・選 抜 競 走 (S級選手) 4レース
・選 抜 競 走 (外国人選手) 1レース
・選 抜 競 走 (A級選手) 2レース
1991年(平成3年)
5月12日
「第38回全プロ」の翌日に、参加選手のうち、S級63名、A級27名及び外国人選手9名により1日開催で「世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース (平成3年度前橋市営第1回施設等改善前橋競輪)」を実施。

《参考》 11レース(9車立)、先頭固定競走
・スーパー・プロ・レース (S級選手) 1レース
・特別選抜競走 (S級選手) 2レース
・選 抜 競 走 (S級選手) 4レース
・選 抜 競 走 (外国人選手) 1レース
・選 抜 競 走 (A級選手) 3レース
1992年(平成4年)
5月17日〜19日
この大会より“寛仁親王牌”が下賜されるとともに、3日間のトーナメント戦となり、「世界選手権記念トーナメント(寛仁親王牌争奪)」の名称で開催。選手 選考は「第39回全プロ」ピスト競技に出場した選手のなかから行われ、S級63名、A級36名及び外国人選手8名が出場した。
この大会は初日に「国際グランプリレース(日本人5名/外国人4名)」、「国際選抜(日本人4名/外国人4名)」、第2日目に「外国人選抜」が行われるな ど、『国際競輪』のファイナルイベント的な色合いが濃かった。
1993年(平成5年)
5月23日〜26日
「第40回全プロ」の翌日を前検日として、S級トーナメント8レース、A級トーナメント4レースの4日制競輪として実施。
第2日目最終レースに初日特別選抜競走1〜3着者により争われる、「ローズカップ」(全員が準決勝進出)が新設された。
1994年(平成6年)
10月23日〜26日
この大会より初の4日制での特別競輪となり、「第3回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」の名称で開催。初日に1着〜5着者がローズカップへ進出す る「日本競輪選手会理事長杯」が新設された(特別選抜予選からは1着〜2着者がローズカップへ)。
2001年
(平成13年)
グレード制の導入により、GIとして格付けされた。