023

ちょっと深い競輪の話

競輪の歴史

1948年 初の競輪が開催されてから約70年が経過。

日本最大のプロスポーツとして観る者を楽しませ続けてきた、その歴史をご紹介します。

1940’s

第1回小倉競輪
1948年11月20日
小倉競輪場で初の競輪が開催
1949年1月15日
東日本で初となる、大宮競輪が開催される
1949年6月
第1回 日本選手権競輪開催

1950’s

1950年4月
第1回 高松宮記念杯競輪開催
1950年8月
第1回 全国都道府県選抜競輪開催
1951年11月
第1回 競輪祭競輪王開催
1956年5月
第1回 オールスター競輪開催
1957年8月10日
世界選手権自転車競技大会に、中井光雄、中野泰満両選手が初参加

1960’s

1962年1月
第1回 競輪祭新人王開催
1963年3月25日
全国争覇競輪(ダービー)決勝をテレビ初放映
1965年12月13日
松本勝明選手が1000勝記録達成
1966年2月
第1回 秩父宮妃賜杯競輪開催

1970’s

1975年8月24日
世界選手権自転車競技大会で阿部良二選手がスクラッチ3位入賞
1977年8月28〜31日
世界選手権自転車競技大会で中野浩一選手スプリント優勝

1980’s

中野浩一氏10連覇
1982年
国際競輪始まる
1983年4月1日
KPK制度の実施により、S級・A級・B級の3階制となる
1985年8月
第1回 全日本選抜競輪開催
1985年12月
第1回 KEIRINグランプリ開催(立川競輪場)
1986年9月1日
世界選手権自転車競技大会で中野浩一選手スプリント10連覇
1988年6月7日
井上茂徳選手が史上初のグランドスラム達成
1988年10月
第1回 共同通信社杯競輪開催
1989年1月
第1回 国際ケイリングランプリ開催
1989年12月
第1回 ふるさとダービー競輪開催

1990’s

1990年5月
世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース開催
1992年5月19日
第1回世界選手権記念トーナメント(現在の寬仁親王牌)開催
1995年
阪神淡路大震災により近畿地区競輪場に被害。後に震災復興競輪開催
1996年
アトランタ五輪で十文字貴信選手が1kmTTで銅メダル
1998年
函館競輪場で初のナイター競輪開催

2000’s

永井選手オリンピック銅メダル
Ⓒフォート・キシモト
2000年
シドニー五輪でケイリンが正式種目として採用
2001年12月
第1回 ヤンググランプリ競輪開催
2002年2月
第1回 東王座戦・西王座戦競輪開催
2003年5月
第1回 ワールドグランプリ競輪開催
2004年
アテネ五輪のチーム・スプリント(長塚智広選手、伏見俊昭選手、井上昌己選手)で銀メダル
2005年8月
第1回 サマーナイトフェスティバル競輪開催
2008年1月
FⅠ、FⅡが12レース制に。S級S班創設
2008年8月16日
北京五輪で永井清史選手がケイリンで銅メダル
2008年12月
第1回 SSカップみのり競輪開催
2009年5月
第1回 SSシリーズ風光る競輪開催

2010’s

ガールズケイリン開幕
2011年
小倉競輪場で初のミッドナイト競輪開催
2012年
ロンドン五輪で女子ケイリンが正式種目として採用
2012年7月
ガールズケイリンが始まる
2012年11月
モーニング競輪の開催が始まる
2014年1月
第1回 KEIRIN EVOLUTION開催
2017年3月
第1回 ウィナーズカップ開催

前のページ

次のページ