GP優勝者の横顔

氏 名 村上 博幸
フリガナ ムラカミ  ヒロユキ
期 別 86期
府 県 京都府
登 録 平成13年6月1日
生年月日 昭和54年4月15日
血液型 O型
身 長 167cm
体 重 72kg
 自分の持ってる力を全て出せたと思います。伸びも良かったと思います。作戦も何もなかったんで、近畿の誰かが優勝できればという気持ちで、みんなで話し合って走りました。スタートだけ前、中団、後ろという選択肢があったんですが、あとは何も決まってなかったです。(近畿3人の当日のギア変更は)他の先輩方は分からないですけど、自分はグランプリは77か85でいこうと思っていたんですが、前検日から脚は軽かったんで、85にしようと思いました。準備もしていたので、別に迷いはなかったですね。今年は前半がすごい勢いで上がれたというのがありますし、後半は落車でリズムを崩して、タイトルホルダーとなって精神的につらかったんですけど、兄に叱られたり、色々アドバイスをもらいました。トータルで言うと落車も含めて成長した1年だったと思います。今日の朝もすごく緊張していたんですけど、兄からオカンのためにも、日本一のオカンにしたろうかっと言ってくれて気合が入りました。(ゴールした瞬間は)手を挙げたんですが、どっちか分からなかったんですけど、(兄が)肩をたたいてくれて、(兄からの)言葉っていう言葉は覚えていないんですが、でも良かったって言ってくれていたと思います。(賞金王は)そう言われてもあまり実感がわかないですけど、とりあえず賞金王になれたことはマグレじゃなれないと思うんで嬉しいですね。(来年は)1番車でスタートの位置も有利だと思います。責任あるユニフォームですけど、気を引き締めて来年もタイトルを獲りたいです。このグランプリの気分を味わったら、やっぱりまた走りたいという気持ちが強いんで、まずは(来年も)グランプリに出たいという気持ちが今は強いですね。安定感を持って、グランプリユニフォームにふさわしいレースをしていきたいと思います。(表彰式のあとのウイニングランは)今まで味わったことがない感じで、気持ち良かったですね。グランプリは走ってみんと気持ちが分からへんというのは兄からも言われてたし、大きい声援は地元とかでももらっていたんですが、グランプリはまた違うなって思いました。兄弟でこうやって走れたっていうのがホンマに何か持っているんちゃうかなっていうぐらい選ばれた兄弟ちゃうんかなって思いました。また市田さんと憧れの先輩2人と走れてホンマに幸せな気分です。
これまでの成績
競輪学校在校時成績(出走回数:105)
1着 2着 3着 着外 在校順位 卒業記念レース成績
37 17 10 41 10 3・1・6・9・1

200Mタイム 400Mタイム 1000Mタイム 最高速度 ダッシュ力 持続時間 回転力
11秒60 23秒65 1分11秒07 61.3Km/h 10.02秒 5.14秒 1.70R/S

  年月日 競輪場 成績
デビュー 平成13年8月8日 奈良競輪場 1・1・(1)
初勝利 平成13年8月8日 奈良競輪場 1・1・(1)
初優勝 平成13年8月10日 奈良競輪場

1・1・(1)

成績
  出走数 1着 2着 3着 着外 棄権 失格 獲得賞金 獲得賞金
順位
デビュー〜
昨年12月
664 163 98 81 305 9 9

\240,998,465

-
昨年 90 18 19 14 36 2 2 \58,246,400 16位
本年 72 23 12 6 28 3 0 \237,938,200  
通算 736 186 110 87 333 12 9 \478,936,665 -
GP・GI 過去1年成績
競輪名称 開催初日 競輪場 成績
第63回 日本選手権競輪 平成22年3月2日 松戸 (4)・2・2・(1)
SSシリーズ風光る 平成22年5月3日 静岡 4・(1)
第61回 高松宮記念杯競輪 平成22年6月3日 大津 棄・1・棄
第19回 寛仁親王牌 平成22年7月1日 前橋 (5)・(2)・7・1
第26回 読売杯全日本選抜 平成22年8月5日 宇都宮 (6)・棄
第53回 オールスター競輪 平成22年9月1日 いわき平 (9)・1・3・6
第52回 朝日新聞杯競輪祭 平成22年12月2日 小倉 (1)・(5)・2・(8)
特別競輪等優勝歴
第20回共同通信社杯競輪 (H19.10.8 京都向日町)
第63回日本選手権競輪 (H22.3.7 松戸)
SSシリーズ風光る2010 (H22.5.5 静岡)
平成22年度全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪 (H22.5 函館)
KEIRINグランプリ2010 (H22.12.30 立川)